topバナー

安成寺とは

 安成寺は、親鸞聖人を開祖とする京都東本願寺(真宗大谷派)を本山としておりますお寺で、富山県魚津市中央通りにございます。

お寺の写真

歴史

 当寺の開祖は、塚本安成(法名 釋 善空)と言われ、文明九年(1477年)頃に、蓮如上人の御教化を受け、法名を賜りました。
 蓮如上人御逝去後、布施保内笠破の山中(現 富山県黒部市笠破)に居住し、大永元年(1521年)同所に近郷近在の有縁の方々の御尽力で、一宇を建立し、安成寺と称しました。
 しかし、布施川の氾濫等の為、慶長年間(1596年頃)に布施保内蛇田村(現 富山県魚津市蛇田)に移りました。
 その後、寛永年間(1624年頃)に、現在の場所に移りました。
 当寺の山号蛇谷山は、蛇田村に安成寺が在る時、慶長11年(1606年)東本願寺第13代法主宣如上人より賜ったものです。
 現在の場所に移り、幾度かの火災い見舞われました。
 昭和31年(1956年)9月魚津大火によって、本堂並びに諸殿が焼失しますが、幸いに蔵だけ焼失を免れた御蔭で、書物・仏具等は、古い時代のものも現在に有しております。
 現在の本堂は、昭和43年(1968年)11月に再建されたもので、その他にも、門徒会館・寺務所・庫裏等が御門徒の方々の惜しみない御協力のおかげで、現在までに至っております。

本堂正面

場所

宗教法人 真宗大谷派 安成寺(あんじょうじ)
〒937−0055
富山県魚津市中央通り1丁目1番25号
TEL 0765-22-3786
Fax 0765-22-3069
E‐mail anjyoji8836@nifty.com

おしらせ

  • 前住職十七回忌法要を厳修
  • topバナー